リバーサイドレコードの歴史と現在 | 国内最大級のレコードCD買取専門店|全国対応の安心・簡単・無料査定|サービス総合満足度第1位|レコードシティ買取センター

0120-997-099 年中無休・24時間受付中 お問い合わせ 簡単予約・24時間申込OK

リバーサイドレコードの歴史と現在

中古レコードの売買をする時、何に着目しますか。
レコードの価値の見方に詳しくないと、人気のアーティストか、今も歌い継がれている曲かなど、作品の知名度を重視しがちです。
ですが、中古レコードの価値はレーベルやその情報が表示されたジャケットもポイントになります。
海賊版ではないかの確認から、初盤か、限定生産かなどがわかるためです。
現在のような音楽配信などと異なり、レコーディング技術や音質にも差が出やすいため、レコード会社の質も重要な要素です。
ここではリバーサイドレコードの歴史や特徴についてご紹介していきます。

■創立者と経営の特徴

リバーサイドレコードは1953年にアメリカのニューヨークで、オリン・キープニュースとビル・グラウアーが設立したモダン・ジャズを代表する名門レーベルの一つです。
レコードをリリースした主要なアーティストとしては、ビル・エヴァンス、セロニアス・モンク、ウェス・モンゴメリーなどが有名です。
創立者2人においては、ビル・グロウワーが経営に従事して、財政面などを支え、オリン・キープニュースがプロデュースを担当するという役割分担がなされ、バランスの取れた運営が行われていました。
設立当初はまだ、アーティストとの契約もまだなかったこともあり、ディキシーランド・ジャズといったアーリー・ジャズの復刻が中心でした。
設立翌年の1954年より、ランディ・ウェストンからモダン・ジャズの録音をスタートします。
1955年に、セロニアス・モンクの「プレイズ・デューク・エリントン」の録音を行い、リリースにこぎつけ、そこからモダン・ジャズ・シリーズを本格的に手掛けるレーベルとして成長していきます。

■活躍したアーティスト

センスの良いモダン・ジャズ・レーベルとして注目を浴び、キャノンボール・アダレイ、ジョニー・グリフィン、ブルー・ミッチェル、ボビー・ティモンズ、チャーリー・バードといったジャズプレイヤーの多数の代表作のレコーディング実績を重ねていきます。
キャノンボール・アダレイはジャズプレイヤーとしてだけでなく、リバーサイドレコードを盛り上げるのにも尽力しており、スカウトマンや音楽ディレクターとしても才能を発揮させました。
地方で活動していたウェス・モンゴメリーを発掘してスカウトしたのも、キャノンボール・アダレイだったのです。
日本のアーティストも売れると大手レーベルに移籍することや売れるためにレコード会社を移籍することがありますが、アメリカの音楽業界も同様です。
レコード会社の実力が重視される世界ですが、著名なモダン・ジャズ・プレイヤーであるビル・エヴァンスとセロニアス・モンクが、それぞれの全盛期の代表作の多くをリバーサイドレコードでレコーディングしていることからも、リバーサイドレコードの実力の高さやアーティストからの信頼の高さがわかります。
モダン・ジャズ・ピアノを代表する作品として今でも人気を誇っているビル・エヴァンスでは「ワルツ・フォー・デビイ」や「ポートレイト・イン・ジャズ」、「サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」をはじめ、セロニアス・モンクの「ブリリアント・コーナーズ」、「セロニアス・ヒムセルフ」、「モンクス・ミュージック」もリバーサイドレコードからリリースされています。
ウェス・モンゴメリーの名作も多数リリースされており、「インクレディブル・ジャズ・ギター」や「フルハウス」などは今でも人気です。

■躍進とその後

リバーサイドレコードは日本でもその名が知られているブルーノートをはじめ、プレスティッジと並ぶモダン・ジャズ3大レーベルとして輝かしい功績を築き上げました。
傍系レーベルとしてジャズランド、オフビート、ジャドソンなども創設しています。
ですが、経営を支えてきたビル・グラウアーが1963年に心臓発作のために急死すると、オリン・キープニュースは活動の礎を失います。
そして、翌年の1964年にリバーサイドレコードは活動休止に追い込まれたのでした。
1964年7月には会社が倒産し、経営権はオルフェウム・プロダクションズの手に渡りました。
その後、1972年にファンタジー・レコードに吸収されると、オリン・キープニュースは未発表作品の発掘や復刻に力を入れるようになります。
オリン・キープニュースは2015年に死去していますが、彼らが築いたリバーサイドレコードの名残は現在、コンコード・ミュージック・グループの一部となっています。

■まとめ

リバーサイドレコードは、1953年にアメリカのニューヨークで、経営を担うビル・グラウアーと音楽プロデューサーであるオリン・キープニュースにより設立されました。
モダン・ジャズを代表する名門レーベルの一つです。
ビル・エヴァンスとセロニアス・モンク、ウェス・モンゴメリーなど、世界的な人気を誇ったジャズプレイヤーの代表作を手掛け、全盛期を支えてきました。

■買取のご相談はお任せください!

レコードシティでは、レコード・CDはもちろん、

オーディオ機器や音楽機材の買取もお任せください。

メールにてカンタン便利な仮査定も可能です。
下記QRコードより、ぜひご利用ください。

 
 
(PCでご覧の方へ)スマホで撮った写真が送れる!
QRコードをスマホカメラで読み取ってスマホ査定フォームへ!
 
 
 
国内最大級の買取ショップであり、
東京・大阪に実店舗も!
安心のレコードシティに、ぜひご相談ください。
 
あなたの欲しいレコードがきっと見つかる、
オンラインショップもございます。ぜひ覗いてみてください!
 
 

お気軽にお問合せください。

  • お客様負担0円

    お客様の負担は一切かかりません

  • 送料・キャンセル無料

    キャンセルする場合も安心です

  • 対応エリアは全国

    宅配買取、全国対応しております

査定額・サービス・スピード
全てに自信があります!

0120997099お問い合わせカンタン予約24時間申込OK

枚数・ジャンルがわかりますと
スムーズな対応が可能です。